焼印 刻印のオーダーなら【森焼印】 手作り焼印 刻印のオーダーは大阪の森焼印へ。板・革製品の焼印も製作致します。

トップ>焼印ができるまで

焼印ができるまで

1.鋳型(いがた)の原版を作ります

鋳型の原版は磨き砂で出来ています。
まず砂を型枠に入れて乾燥させ、左のような砂型を作ります。

※注)実際、この段階では文字などは彫られていません

2.鋳型(いがた)制作

出来上がった砂型に、直接模様や文字を鉄の針で彫って、右の画像のような、鋳造するための型を作ります。

鋳造するための型を鋳型(いがた)と言います。
鋳型とは、溶かした金属を流し込むための物です。

鉄の針で模様や文字を彫って、鋳型を作っています。
イメージを忠実に再現するため細心の注意でひとつひとつ丁寧に作業します。
この段階で仕上がりが決まりますので、熟練した技術が必要です。

3.鋳造(ちゅうぞう)

銑鉄(せんてつ)を溶かして、2.鋳型(いがた)制作で作った型枠に流し込みます。
鉄が冷めて固まるまでには、大きさによって10分から、30分、1時間かかります。
銑鉄は高炉で製錬してできた鉄のことで、曲がりにくく折れやすい性質を持っています。
また、炭素の含有量が多いため、低い温度で溶ける性質があります。

4.仕上げ

バリ取りという作業をします。
バリ取りとは、3.鋳造で鉄を流し込んだ時に、
はみ出した部分を削る作業です。
絵柄を美しく鮮明に見せるため大切な作業です。

5.焼印ができあがりました。

押印すると、このようになります。
これは杉の板ですが、ヒノキ、桐などから革製品、ゴム製品、食品など多種多様な物に押印できます。